見た目年齢が若返る!?”ほうれい線”の原因とは?

Pocket

 

ほうれい線があると顔がより老けるだけに限らず

化粧でも隠せないのが厄介ですね。

 

今の社会は、パソコン仕事、食事の変化などにより、

ほうれい線のできる年齢が、昔より若くなっています。

 

ほうれい線はなぜできる?

 

年齢を積み重ねていきますと、

水分量も減っていきお肌が、下がってしまいます。

 

このお肌の水分低下が、ハリの低下やたるみを招きます。

 

ほうれい線の原因は、頬の筋肉の衰えで起こる「たるみ」によるもの。

 

例としては、頬に張り付く脂肪がたるみ、

下に落ちることで、溝が深く際立ってくるのです。

 

目の下のたるみは、乾燥や年齢に伴うコラーゲンが

減るからだけと思いがちですが、実は目の疲れも原因になります。

 

肩こりで老廃物が蓄積されてしまうことにより、

血流も悪くなればその影響で顔色が優れなかったり、

むくんでしまったり、ほうれい線が目立ったりしちゃうんです。

 

他に、あまり浸透していない話ですが、

骨格も関係していると言われています。

 

両親と骨格が似ていて、

親のほうれい線が際立っているという人は、

先に対策を取っておくことで予防することが出来るはずです。

 

日常のちょっとした行動がほうれい線の原因に!?

 

横向きになって寝るのも実はよくなかったんです。

 

重力や頭の重さで顔の皮膚が引き付けられ、

たるみが起こることによって、ほうれい線が深くなっていきます。

 

ポニーテールの髪型にすることで、

引っ張られた髪型がたるみ、ほうれい線をもたらしてしまいます

 

貯め込んだ紫外線は、いずれらかシミやしわ、

たるみほうれい線などとなって表面に登場してきます。

 

頬づえは顔の脂肪に強い外圧が生じてしまい、

次第に脂肪が移動し皮膚が間延びしていき気がつくとたるみが出来てしまいます。

 

食事の際に、片側噛みで皮膚のたるみが生じて、

片側のほうれい線だけが濃くなってしまったりします。

 

ほうれい線が際立つ人の多くはやせ細って痩せていて、

太った方には少ないそうです。

 

なぜなら太った人はお肉がいっぱい体にあるため、お肌はいつも張った状態です。

 

目鼻立ちがはっきりとした人や、鼻筋が通っている人は、

顔の動きにより皮膚が物凄く動くため、皺ができやすく、

ほうれい線も若いうちからできやすいんです。

 

パソコン仕事は猫背の姿勢になりがちなので、

頬がたるみやすく、肩や首が凝り、ストレスで頭皮が固くなっています。

 

ほうれい線を作らないためにすべきことは?

 

 

まずは自分の癖を見極めましょう!

 

朝と晩のスキンケアでは、入念に保湿をして、

乾燥の要因になるUVケアもしっかりしていきましょう。

 

自分に相応しい長さの睡眠時間をとることが大事です。

 

目覚めが良く、昼間頭が冴えて、

夜もしっかり眠れるという時間を見つけることがオススメです。

 

食事内容・生活習慣を正すことも忘れてはいけません。

 

栄養のバランスが悪いということは

ビタミンCやコラーゲンが明らかに十分じゃありません。

 

ほうれい線が深かったり、

お肌の老化が早い人はストレスが多く、

悩みやすかったり、栄養が偏っていることが多いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です