噛むほど若返る!若返りホルモン”パロチン”って?

“パロチン”とは、唾液にある成長ホルモンの1つです。

耳下腺から分泌される唾液にのみパロチンが入っています。

パロチンには、骨や歯の再石灰化をバックアップする効果

肌のターンオーバーを活性化させる効果など、全身を若返らせる働きがあります。

パロチンってなに?

ご飯を噛むときに出る唾液。

その唾液からは「パロチン」という唾液腺ホルモンが分泌されるのです。

唾液に含まれる「パロチン」は成長ホルモンの一種で、

体内で若さをキープする仕事をしています。

唾液が減少する原因とは?

唾液が少ないとパロチンの分泌も少ない。

ストレスを感じていたり、プレッシャーを感じていると

交感神経が刺激されて唾液が減ってしまうとのことです。

口呼吸では呼吸する度に口から唾液が蒸発します。

口呼吸をつづけると舌苔も付いて口臭が格段にヤバくなります。

歳を重ねる毎に歯がもろくなったり、

歯の残存数が少なくなるため若い時とは異なり噛む力が弱くなり唾液の量が減少します。

パロチンの効果

全身を若返らせる作用があります。

特に皮膚や筋肉、目などの粘膜を強力にし、

肌のターンオーバーを活発にし、シミ・シワに有効といわれています。

パロチンには体中の異常を来たした細胞組織を回復させる作用があり、

特に、各器官や皮膚、筋肉、目などの「粘膜」を強化してくれるそうです。

肌荒れの大きな要因の一つである肌老化の抑制に役立ちます。

また、皮膚の組織を正常化する働きもあり、

皮膚炎の治療薬としても用いられているほどだそうです。

よく噛むだけでパロチンが分泌される

片噛みには気を付けましょう。

20才を超えた頃から、

「よく噛む」という動きがないと分泌されなくなっていきます。

一口30回を目処によく噛んで下さい。

片方だけで噛むと顏の歪みの要因となってしまいますので、

左右均等に噛んでみてくださいね。

よく噛んで食べてみることは、パロチンの分泌に加えて、

血糖値の急な上昇を抑えて過食防止にもなるでしょう。

よく噛むだけでそれ以外に嬉しい効果が!

よく噛む事は美容に必要不可欠。

満腹中枢が刺激されるので、

よく噛んで食べることはおのずと過食の防止につながります。

ご飯をよく噛むことで、食べ物が砕かれ、

でんぷんを消化する消化酵素でいっぱいの唾液が分泌され、

消化が容易になって、便秘にも効果を発揮します。

よく噛むことは、口まわりの筋肉を強くするため小顔効果も望めます。

普段から、食事スピードが早めな人は、肝に銘じて「噛む」ことを心がけてみてください。

口の周りの筋肉をよく使うことで、

表情筋の発達を助け、表情が豊かになったり、言葉の発音がクリアーになったりします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする