おでこのかさかさな皮が粉状になって剥がれ落ちるのを防ぐ1つのポイント

Pocket

すっぴん状態でおでこに手を触れてみると
粉状になった皮がぽろぽろと
無限に剥がれ落ちてくるようなことはありませんか?

 

その粉状の皮が剥がれ落ちて
黒い服に付いたりすると結構目立ってしまいますよね。

 

カーペットや机の上にも皮が落ちていて、
自分の体から出たものであっても
少し不潔な印象を感じると思います。

 

さらに乾燥したおでこの皮は
不潔感を漂わせるだけでなく、
無意識の内に乾燥したおでこを触ることによって
雑菌の侵入を誘発してニキビの原因にもなってしまいます。

お風呂でのたった1つの見落としポイント

しかし、バスタイムにある1つのポイントに
注意することによっておでこの乾燥を防ぐことが
可能になり、剥がれ落ちてくる皮に悩まされなくなります。

 

おでこがかさかさして皮が剥がれ落ちてくる原因

 

おでこの皮が剥がれ落ちてくる原因は乾燥です。

・・・そんなこと、言われなくても既ににわかってますよね…笑

 

でも、
「なぜ、おでこだけが特別に乾燥しやすいのか」
って考えたことありますか?

 

この答えがわかれば、
あなたが今すぐやるべきことが
自然と導き出されていきます。

 

髪の毛に近いおでこはかさかさになりやすくなる?

先ほどの
「なぜ、おでこだけが特別に乾燥しやすいのか」

の答えは
『おでこは髪の毛に近いから』
です。

 

これだけだと全然わからないと思うので
詳しく説明していきます。

 

シャンプー後の泡の洗い流し方にこだわる

あなたは、シャンプーをした後に
どの方向から泡を洗い流していますか?

 

①頭のてっぺんからシャワーを当てて洗い流す人
②おでこの生え際の方から洗い流す人
③後頭部の方から洗い流す人
④左右の横から洗い流していく人
など、人それぞれ特徴があると思います。

 

あたなは頭のどこから洗い流しますか?

実はこの中でNGな洗い流す方向が2つあります。

 

そのNGな2つの洗い流し方とは・・・

 

 

 

 

・・

・・・

・・・・

・・・・・

①と③です!

 

どうでしたか?

当てはまったでしょうか?

あ、当てはまったらダメなので、
②か④だったら安心してください。

 

たとえ①か③だったとしても、
今からお伝えする洗い流し方を今日から実践すれば大丈夫なので安心してくださいね。

 

洗い流した泡がおでこに触れないように気を付ける

①~④の中で一番良い洗い方は②です。

なぜなら、この洗い方だとおでこに
洗い流した泡が触れないからです。

 

なぜ、シャンプーの泡がおでこに触れない方が
良いのかというと、シャンプーは洗浄力が高いからなんです。

 

頭皮は他の皮膚と比べて皮脂の分泌が多いので
洗顔料に比べるとシャンプーの洗浄力は高くなっています。

 

そのシャンプーの泡がおでこに触れてしまうと、
洗顔料で洗い流すときよりも強い洗浄力で
おでこの皮脂を注ぎ落してしまうんです。

 

そして、おでこの皮脂が不足してしまうので
おでこが乾燥してしまうってわけです。

 

まとめ
シャンプーの泡がおでこに垂れないように気を付ける
⇒おでこの方からシャワーを当てて洗い流す
⇒おでこの乾燥が改善

 

お風呂上りのスキンケアでおでこの乾燥対策!

お風呂でシャンプーの洗い流し方に
気を付けた後は仕上げとしてスキンケアは必要不可欠ですよね。

 

ここで注意が必要なのが、
今までと同じ化粧品を使ってスキンケアをしていても
おでこの乾燥が改善する見込みはかなり低くなるということです。

 

同じ化粧品を使い続けて、
おでこの乾燥が改善できないということは
その化粧品があなたのお肌に合っていない、
もしくは化粧品の保湿効果が弱いことが原因です。

 

そこで、私がオススメするのが
サクラムアルジェというオールインワンジェルです。

 

このオールインワンジェルは乾燥肌の人のために
作られた化粧品で、ヒアルロン酸の10倍の保水力を持つ
サクランという成分が配合されています。

 

そして、最大の魅力が30日間全額返金保証です。

 

サクラムアルジェを約1か月間使ってみて
効果が実感できないと思ったら、
返金申し込みするだけで全額返金されるんです。

 

詳しくはこの記事の後半部分で説明しているので、
ぜひこちらの記事も参考にしてみてください!

顔が一日中つっぱるオフィスワーカーが何度も繰り返す過ち

2017.12.21

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です