「化粧を落とさずに寝る癖」を直すシンプルな方法とは?

Pocket

とある朝の悲劇

 

「やらかしたーーー!!!」

「また化粧をしたまま寝落ちしちゃった…(グスン」

 

朝目が覚めた瞬間から、テンションだだ下がりです…

 

仕事でくたくたに疲れてお家に帰って、

ちょっと横になったつもりが化粧をしたまま朝まで寝ちゃいました。

 

テレビやネットの情報では、化粧をしたまま寝るのは

汚い雑巾を顔にかけて寝るようなものだとか…( ;∀;)

 

それ以外にも、

一晩化粧したまま寝ると10日分老けるとか、

30日洗顔してない顔と同じ状態だとか、

顔に雑菌が大量に繁殖するとか・・・

恐ろしすぎる情報ですね(笑)

 

こんな恐怖体験をされた方もいらっしゃるそうです…

メイクを落とさずに寝落ちしたときの恐怖

 

もし、あなたが化粧をしたまま寝てしまったときには、

すぐに洗顔してメイクを落として、

しっかりとケアをする必要があると思います。

 

そのケアの方法が知りたい!って方も

いらっしゃるかも知れませんが、

今回は、ケアの方法ではなく、

化粧をしたまま寝ないようにするためのオススメの方法をご紹介します!

 

これさえ知っておけば、ケアの方法を知っておく必要はありません!笑

 

行動をルーティン化して汚れの無い肌に

 

化粧をしたまま寝ちゃったらどうしよう…と考える前に、

そもそも化粧をしたまま寝ないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

その答えはルーティン化にあります。

 

何をルーティン化するのかと言うと、

あなたがお家に帰った来てからの行動をルーティン化します。

 

つまり、あなたがお家に帰ってきて

手を洗ったり、上着をハンガーにかけたり、

カバンの中身を整理したり・・・という色々な行動の

パターンを決めておくということです。

 

ある日は、お風呂に入ったときに化粧を落として

ある日は、お風呂に入る前に化粧を落とす。

そして別に日には、お風呂に入らずに化粧だけ落として寝てしまう・・・

と言うように毎日バラバラの行動パターンを取っていると

いつの日か、化粧を落とさずにそのまま寝てしまうなんてことが起こってくるのです。

 

なので、できる限り行動パターンを決めておいて

それをルーティン化することで、

化粧を落とさずに寝るという事態を事前に防ぎます。

 

もし、お風呂に入ったときに化粧を落とすのであれば

毎日そのタイミングで化粧を落とすようにします。

 

間違っても、お風呂に入る前やお風呂に入らずに

化粧を落とすということはしないでくださいね。

 

もし、可能であれば化粧を落とす時間も決めておくと、

体がその行動パターンを自然と覚えて

化粧を落とすのが面倒だと感じることが少なくなります。

 

化粧を落とさずに寝てしまった翌朝の後悔や焦りは計り知れませんよね(笑)

 

もう後悔したくない!と言うあなたは、

今回ご紹介した方法を試してみてください!

 

きっと、化粧をしたまま寝てしまうことは激減して、

あなたのお肌が雑菌まみれになることを未然に防ぐことができるようになります!

 

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です