「笑うと痛い」乾燥肌で顔のつっぱりが辛いあなたへ

Pocket

笑ったら痛い!

 

笑い過ぎてお腹が痛いんじゃないんです。

 

顔が乾燥でつっぱって、
肌が四方八方に引っ張られる感じがして
顔に痛みが走るんです。

 

乾燥肌のあなたなら一度は経験あるんじゃないですか?

 

一度だけでなく、
特に冬場は空気が乾燥して
冬の間中ずっと痛いなんてこともあるかも知れません。

 

この乾燥、肌のつっぱり、
いつになったら治るんだろう…
と思い悩んでいるようでしたら、
どうか続きを読んで悩みを解決の方向に導いてみてください。

 

 

「笑うと痛い」にイラっと来る瞬間

笑った時に
顔がつっぱって痛みを感じると
正直言って”イラっ”と来ませんか?

 

「全然そんなことないよ」
と、常に温厚で心がいつも穏やかな方なら
そう答えるかもしれません。

 

あなたはどうでしょう?

 

思い返してみて下さい・・・
ちょっとくらいイラっと来たことないですか?笑
(もしなかったらすみません…)

 

まあ、こんな質問をするくらいなので
正直私はイラっと来る時があります。

 

朝、まだ寒い中お仕事に行って、
同僚とお喋りをしているときに
ちょっとでも笑おうとすると
顔がつっぱって痛みを感じます。

 

面白い話を聞いている時でも、
笑うと痛いから笑い方がぎこちなくなって
鏡を見なくてもわかるくらい変な顔になってしまいます。

 

そうなると、自分の顔が気になって
せっかくの楽しいお話に集中できません。

 

「笑うと痛い」にイラっと来るのは、
決して同僚と話している時だけではありません。

 

家でテレビを観たり、
YouTubeを観ている時も
面白いシーンで不意に笑ってしまうと
「痛っ!」
と口に出てしまうような痛みが走ることもあります。

 

その瞬間テレビや動画を観る気がちょっと失せて、出来るだけ笑わないようにしながら観ないといけなくなります。

 

これって地味にストレスですよね。

 

乾燥肌で悩んだことが無い人には
わからないかもしれませんが、
乾燥肌で悩んで、顔がつっぱって
口を大きく開くことすらできないって人には
共感して貰えるんじゃないでしょうか。

 

「笑うと痛い」から解放されるなら

私の場合は、
年中肌がつっぱっているわけではないので
冬の1、2ヶ月間の我慢で次第に笑っても痛くなくなってきます。

 

しかし、冬の間中ずっと痛かったり、
年中乾燥して笑うと痛いという場合は
相当辛いと思います。

 

もし、あなたの乾燥肌が改善され、
肌のつっぱりが無くなり
大きな口を開けて笑っても痛くなくなったらどうでしょう?

 

友達としゃべっていて
大きい口を開けて笑ったとしても
全然痛くありません。

 

ストレスを溜めずに面白い時に笑いたいだけ笑うことが出来ます。

 

だから、顔が痛みで歪むことがないし、
歪んだ顔を気にしながらしゃべる必要もなく
ぎこちない顔を見られて友達に変に思われることもありません。

 

そして、顔の乾燥が治れば
笑うと痛くなくなるのはもちろんのこと・・・

  • 洗顔後の顔のつっぱりが気にならなくなる

  • 乾燥で赤みがかってヒリヒリする痛みも感じなくなる

  • 極度の乾燥で顔から白い粉をふくことがなくなる

  • 化粧ノリが良くなり、化粧崩れの心配がなくなる

  • スキンケアに細かいところまで気を遣わなくてよくなる

 

・・・なんて嬉しい効果も期待できるかもしれません。

 

「笑うと痛い」を過去にするためにやるべきこと

ひたすら、
「笑うと痛い!」
と言って嘆いているだけでは
いつまで経っても肌の乾燥もつっぱりも治っらないし、思いっきり笑うことも出来ません。

 

痛い!と、嘆くだけでなく何か1つでも行動を起こしてみる必要があります。

 

しかし、食事に気を付けたりエアコンを控えたりしているだけでは、なっーかなか肌の乾燥は治ってくれません。

 

長い目で見れば食事に気を付けることは物凄く大切なことですが・・・

先が長すぎますよね笑

 

手っ取り早く確実に乾燥肌を改善させる効果を実感するには化粧水を使うのが一番なんです。

 

特に次のページで紹介する化粧水は乾燥肌に特化した乾燥肌の人のための化粧水です。

 

この化粧水を使えば痛みを感じることなく好きなだけ笑えますし、乾燥肌に関する悩みをまとめて解決してくれるほどの保湿力を発揮してくれます。

⇒次ページ【笑っても痛くない肌を実現する化粧水】

 

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です