血管が老けると肌トラブルの原因になる?

人は血管とともに老いる

人は血管と共に年老いるという言葉があります。

肌年齢はよく耳にする言葉ですが、

外見が若くても血管年齢が高いと美容面や健康上、

多くのトラブルを引き起こすといいます。

その状態のまま放っておくと年齢とともに

血流が悪くなりお肌の老化や命の危険

直結する可能性があります。

血管の老化は全身の老化の根本的な原因

老化はまず血管から進み始めます。

血管が弱ることで体全体も次第に弱っていくのです。

ということは、血管の老化を防げば、体全体の老化防止につながります。

つまり、血管は身体を正常に動かすのに

非常に重要な役目を果たしているのです。

肌老化の原因は一つではないのですが、

一因として“血管の機能悪化”があります。

血管は、組織細部にわたり、

養分や酸素を運ぶ極めて大切な器官です。

人間のあらゆる臓器は年齢とともに老化していきますが、

この動脈も年齢とともに老化して弾力がなくなり硬くなったり、

動脈の内側に多くの物質が沈着して内腔が狭くなり

血流が低下しつまりやすい状態になります。

血の流れが悪いと肌の下を通る毛細血管に

十分な血液が流れなくなるので、

顔色が悪く見えたり、肌が淀んで見えたりします。

血管が若くあれば若々しく老後をすごせる?

健康に過ごすには、とにかく血管、

特に動脈を若々しく保つことが重要なのです。

血管の老化による障害でもっとも怖いのは動脈硬化です。

動脈硬化とは、かみ砕いていえば血管の老化です。

肌にシワやシミができたり、たるんだりするのと同じように、

血管も年齢とともに傷つき、弱まり、しなやかさもなくなります。

全身すみずみ、至る所に血管が行き渡り、

酸素や栄養を運び、老廃物を流す働きをしています。

ですから、血管が老化すると、内臓も脳も肌も老化し、

見た目も老いていくのです。

血管が丈夫で綺麗だと血液が濁らず、

無駄な老廃物や脂肪を溜めない体になるので、

疲れも病気も老化も防げます。

血管の老化は生活習慣病の危険に影響しますが、

逆に弾力を保っていて若い血管の持ち主ならば、

その人は血管だけでなく、

見た目や活動も年齢以上に若々しくなります。

こんな人ほど血管が老化しやすい

多くの生活習慣病も、命に関わる心臓病や脳卒中も、

何もかも血管の老化がその始まりです。

人の多くは、糖尿病・高血圧・脂質異常症、などの

生活習慣病を患っているか、その予備軍です。

これには内臓脂肪型の肥満(メタボリック症候群)も位置します。

また、大量の活性酸素によって体が酸化する酸化ストレスや、

糖質の摂り過ぎで血管の老化を進める糖化、

心のストレスも血管年齢を上げる原因だとされています。

血管の高齢化の主な原因がストレスです。

現代では肉体的なストレスよりも、

精神的ストレスがどんどん肥大している傾向があり、

その影響の一つが血管年齢の高齢化なのです。

ストレスによる急激な血圧の上昇を

導いてしまう場合があるのでためすぎに注意することです。

ストレスによって動脈硬化が加速することで

急激に血管年齢が上昇してしまい、

血管だけ高齢化してしまうことになってしまっています。

睡眠不足も血管の老化を加速させる原因のひとつ。

睡眠不足では疲労がとれず、血管が老化し、

いずれは血管の詰まりの原因になり、

脳卒中や心筋梗塞など大きな病気を招く原因になります。

1日6時間。難しくてもできるだけ、

十分な睡眠時間がとれるように肝に銘じてみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする