アトピー性皮膚炎の子供のために母親としてやるべきこと

Pocket

子供だからこそ我慢できないアトピーの症状

 

「体を掻きむしらないの!」

「掻きむしるとアトピーが治るのが遅くなるよ」

と言っても子供は分かってくれません。

 

痒かったら体を掻きます。

体を掻くとアトピーが治るって言われても十分に理解できないんです。

 

大人なら、ちょっとは我慢できるかもしれませんが、

子供にとって我慢することはとても難しんです。

 

「なんで、あなたにそんなことがわかるの?」

と思われるかも知れません。

 

なぜ、私がアトピーの子の気持ちがわかるかというと、

私も小学生1年生の時にアトピーになって苦しみを味わったからです。

 

実際にアトピーを経験しているんです。

だから、アトピーで苦しんでいる子供の気持ちが

痛いほどわかるし、親であるあなたの苦労もある程度は理解できます。

 

私の経験から言っても、アトピーの痒さは我慢できるものじゃないです。

 

だから、好きなだけ気が済むまで体を掻きまくります。

 

そして、アトピーが治りかけてきた時には体中の皮膚が剥がれてきます。

顔の皮膚も首も腕も…全身の皮膚がボロボロと剥がれてくるんです。

 

私はその時小学生だったので、授業中の時などに

ずっと自分の鼻やおでこ、ほっぺたの皮膚を剥がしていました。

 

その時はなんの罪悪感もなくやっているんです。

 

むしろ、自分の皮膚が剥がれることが面白く感じて、

やめられなくなってました。

 

だから、あなたには割り切って欲しいんです。

 

あなたのお子さんが、体中を掻きむしったり、

皮膚を剥がしたりしているのを見ても怒らないであげてください。

 

悪いのはアトピーの症状であって、

あなたの子供は何も悪くはありません。

 

子供が体を掻きむしったりするのはしょうがない、

痒くて体を掻くのは自然なことなんだと割り切ることで、

あなたもあなたのお子さんのストレスも溜まらなくなります。

 

そして、アトピーの症状と正面から向き合うことができるようになります。

 

アトピーで苦しむ子供のためにできること

まずは、私が子供の頃実際に行ったことを共有させて頂きます。

母親が私のアトピーを治すために実際に行ったこと

今思い返せばちょっと変わってるな、と思うのですが、

アトピーを治すために一升瓶ほどの大きさの瓶に入った謎の薬を

毎晩寝る前に飲まされていました。

 

その薬がなんの薬なのか忘れましたが、

かなり不味かったのは鮮明に覚えています。

 

舌と喉が不快感に包まれて、匂いもとても臭くて

飲むと「オエッ!」ってなってしまうほど不味かったです。

(ほんとにあの薬はなんだったんだろう…)

 

そしてもうひとつ、ステロイド系の薬は使用しませんでした。

 

なぜか母親がステロイドを毛嫌いしていて、

絶対にステロイドが入っていない、余分な成分も入っていない

薬(保湿クリーム?)を使っていました。

 

今考えると、ステロイド系の薬を使わなかったおかげで

1年足らずでアトピーが治ったのだと思います。

 

もし私がステロイド系の薬を使ってたとすると、

恐らく完治するまでにもっと長い期間を費やすことになったのだと思います。

 

かなり不味い液体の薬を毎晩飲まされましたが、

ステロイド系の薬を使わないようにしてくれた母親に感謝ですね(笑)

 

母親としてあなたが子供にできること

 

ステロイドに頼らないとしたら、何に頼ればいいのか分からなくなると思います。

 

しかし、ステロイドにだけは頼ってほしくないんです。

 

いくらステロイド系の薬を使ってもアトピーが治らないのは、

そのステロイドが皮膚に悪影響を与えているからかも知れません。

 

いや、その可能性がとても高いです。

 

ステロイドに頼らなくても、あなたに出来ることはいくらでもあります。

 

特に次のことをやってみることをオススメします。

 

母親のあなたができること
アトピーが治りかけでなければ乾燥対策を行う
ステロイド系の薬を使わない
温冷シャワーを試してみる

 

温冷シャワーについては、この記事を参考にしてみて下さい。

熱湯シャワーでは不十分!?アトピーにも効く温冷水の力

2017.10.27

 

私が1番伝えたいこと

そして、最後に1番大事なことをお伝えします。

 

完全に個人的なお願いかも知れませんが、読んでくださると嬉しいです。

 

お子さんのアトピーとは長い長い戦いになるかも知れません。

 

途中でアトピーの完治を諦めそうになったり、

ストレスが溜まって八つ当たりをしてしまったり、

苦しんでいる子供を見てまるで自分のことのように苦しくなったり、

必要以上に責任を感じてしまって自分を責めてしまったり、

治療法が見つからなくて途方に暮れることもあると思います。

 

しかし、それでもあなたには諦めて欲しくないんです。

 

私の母親もアトピーが完治するまで、

あの手この手を使って私のアトピーを治そうとしてくれました。

 

子供の頃の私には想像も付かないほどの苦労を

あの頃の母親は感じていたのだろうと今になって実感しています。

 

そして、私のために試行錯誤をしながら辛い顔を見せず

全力を尽くしてくれた母親の姿を今でも覚えています。

 

 

今は辛いかも知れません。

もしかしたら、アトピーで苦しんでいる

あなたのお子さんよりも辛い思いをしているかも知れません。

 

でも、あなたもあなたのお子さんも

その苦しみから解放されるときが必ずきます。

 

そして、あなたのお子さんが大人になって

無償の愛を尽くしてくれたあなたの姿を思い出して

感謝の気持ちで満ち溢れるときが絶対に訪れます。

 

あなたが諦めずに正しい知識を持ってアトピーに立ち向かえば大丈夫です。

 

アトピーの完治までには少し時間がかかるかも知れませんが、

私もこのサイトを通してあなたを応援しています。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です