子供のアトピー再発を家庭から食い止める効果的な方法を公開!

Pocket

子供のアトピー再発を防止するには間違いなく親のサポートが必要です。

 

 

特に繰り返してしまうアトピーは家庭での対策が重要になってきます。

 

 

なぜなら、アトピーが再発する原因が家庭の中に潜んでいる可能性が高いから・・・

 

 

もし今もあなたのお子さんがアトピーの再発に苦しんでいるのなら、一番身近な家庭の環境から改善する必要があるんです。

 

あなたの子供のアトピーが完治するまで責任を持って治療のサポートをしてあげることが出来るのは、医者でもなく薬でもなく、いつも側にいるあなただけですよね。

 

 

そのあなたが、正しい知識を持って子供のアトピーと向き合えばアトピーの再発を食い止めることも不可能ではありません。

 

この記事を読んで正しい知識を持って、どうかアトピーを子供のうちに治してあげてください!

 

 

子供のアトピー再発をお風呂場から食い止める!

”水”が肌に与える影響はかなり大きいです。

 

その中でも体に一番影響を与える”水”があるのはお風呂場です。

 

お風呂場の水をいかにして子供のお肌にとって優しい水にするのかが鍵になります!

 

子供のアトピー再発の元凶は湯船の塩素が原因だった!?

塩素がお肌に与える影響については様々な情報が飛び交っています。

 

水道局などの情報によると水道水に含まれる塩素の量は「人の健康に影響を生じない水準の・・・」などと記載されており、私たちの体に影響はないそうです。

 

しかし、一度脱塩素を経験すれば実感してわかることなのですが、水道水を脱塩素すると水の質感が激変します。

 

水道水を脱塩素するだけで水の触感がまろやかになり、肌への刺激が嘘のようになくなります。

 

そして、お風呂上がり後の肌のカサつきは軽減されて髪の毛のパサつきも改善されるので、改めて塩素入りの水道水が肌に与える影響の恐ろしさを体感することになります。

 

脱塩素を経験すると普通の水道水には戻れなくなるので注意が必要です(笑)
そのくらい脱塩素の効果は大きいんです。

 

もし、あなたのお家の湯船に脱塩素をしていない塩素まみれの水道水を使ってお風呂を沸かしているのであれば、出来る限り早く脱塩素をした肌に刺激の少ない水を使うことをオススメします。

 

もしかすると、お子さんのアトピーが再発してしまう原因はお風呂の”水”にあるかも知れません。

 

塩素入りの水道水が肌の乾燥を招き、乾燥が原因で皮膚のバリア機能が低下してアトピーから抜け出せなくなっている可能性は否定できません。

 

今夜からでも遅くないので、お子さんの敏感な肌を塩素から守るために湯船に溜める水道水の脱塩素をやってみてください。

 

脱塩素して子供のアトピー再発を防ぐには入浴剤の使用がオススメ!

入浴剤を使用する目的は、
肌の保湿と水道水の塩素除去です。

 

肌のバリア機能が低下する大きな原因は肌の乾燥なので、保湿効果がなければ話になりません。

 

そして、先ほどもお伝えした通り”塩素”は肌に刺激を与え乾燥を招くので塩素除去効果も必須条件です。

 

この2つの効果を発揮する入浴剤が理想の入浴剤なんです。

 

そしてこの保湿と塩素除去の効果を発揮できる入浴剤のなかでも特にオススメなのが・・・

 

みんなの肌潤風呂

 

です。

 

みんなの肌潤風呂保湿塩素除去の効果も発揮してくれますが、それに加えて着色料・合成香料不使用パラベン・エタノール不使用など、徹底して肌に優しい入浴剤なんです。

 

※塩素除去の効果については以下の動画を参照してください。
(左側が「みんなの肌潤風呂」を入れたビーカーです)

もしあなたのお家でお風呂に溜める水を塩素除去をしていないのなら、この動画の右側のビーカーのように毎晩塩素混じりの湯船に全身が浸かっているということなんです。

 

これではお子さんのアトピーが再発してしまうのも不思議ではありません。
むしろ必然だと思います。

 

はじめにも言いましたが、あなたに出来ることはお子さんのアトピーが再発しない環境を作ってあげることです。

 

毎晩、塩素が残っているお風呂にお子さんが入っているのなら、あなたがサポート出来ることは水道水の塩素を除去して、肌に刺激を与えない優しいお湯にお子さんを入れてあげることです。

 

そして可能な限り塩素除去は早い段階で行ってください。

 

そうしないと、今日明日と時間が経つにつれて湯船に潜んでいる塩素はお子さんの肌にじわじわとダメージを蓄積させて、アトピー再発を食い止めることができなくなってしまいます。

 

子供の頃に発症したアトピーは子供のうちに治しておかないと後々やっかいになり、アトピーを治療することが難しくなってしまいます。

 

もし、今のまま思春期の頃までアトピーが続いてしまうと、アトピー肌を見られるのが嫌になって周りの目を過剰に気にするようになり、最悪不登校になってしまう可能性も否定できません。

 

今のうちにアトピーをきちんと治さなければ、お子さんの将来に喜ばしくない影響を与えてしまうのは間違いないでしょう。

 

あなたに残された選択は、

 

→今すぐ行動して子供の将来をしっかりと守り責任を果たすこと

→いつまでも塩素除去をせずに子供の将来を運任せにすること

 

このどちらかです。

 

将来子供が家に引きこもって、アトピーに悩み続ける悲観的で苦しそうな姿を見たくないのであれば、今すぐ行動に移して子供のアトピー再発を確実に食い止めることが最善の選択ではないでしょうか。

 

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です