アトピーに悩む人が熱湯で治ったケースは存在する?

Pocket

もうこれ以上酷いアトピー に悩まされる必要なし!?

 

アトピー 肌でいつまでも掻きむしってしまう痒い皮膚に熱湯をかけたり熱湯の風呂に入るとメチャクチャ気持ちいいですよね。

 

その気持ち良さが忘れられずに、お風呂に入るたびに熱湯を浴びるという人も少なくはありません。

 

アトピー に悩まされている人の中で、熱湯をかけた経験のある人は少なくありませんが
アトピー が治った人
はいるのでしょうか?

 

果たして熱湯をかけるだけでアトピー が治るのか!?

 

その気になる点について解説していきたいと思います。

 

 

アトピー 肌に熱湯をかけて治ったというのは本当の話?

アトピー 肌に熱湯をかけて”超気持ちいい!”という話はよく聞きますが、正直アトピー が治ったという話は聞いたことがありません。

 

しかし、アトピー 肌に熱湯をかけるととでヒートショックプロテインが体内で増加するという可能性が期待できるという情報もあります。

ヒートショックプロテインの作用
ヒートショックプロテイン は”ストレス防御たんぱく”とも呼ばれていて、熱ストレスで増加します。

ヒートショックプロテインは、細胞を修復するたんぱく質なんです。

【効果】
皮膚がツヤツヤになる
免疫力が上がる
新陳代謝が上がる

なので、熱湯をかけることでアトピー完治の手助けをできる可能性はあるのですが…

さらに色々と調べてみた結果、熱湯だけでは体温があまり上昇せず、ヒートショックプロテインの増加は期待できないという意見が大半でした…

 

結果として、熱湯だけではアトピーを治すのに不十分ということが分かったのです。

 

でもここで落ち込んではいけません!

熱湯よりも確実にアトピー改善の手助けをするとっておきの方法を発見しました!

 

アトピー肌に熱湯よりも効果的な秘密の方法を伝授!

アトピー肌に熱湯を使うだけではアトピー改善の期待はできないということが分かりました。

 

そこで私があなたにお伝えしたい方法・・・

それは温冷水です!

 

熱湯ではなく、温冷水なんです。

 

つまり、熱湯も使って冷水も使うということです。

 

この温冷水を使うことで熱湯だけを使った時よりも効果的に体温を上昇させることができます。
よってヒートショックプロテインを効率的に増加させることが出来きて、アトピー改善の手助けをすることが出来ます。

 

この温冷水を実際にやってみると、熱湯だけのときよりも格段に体がポカポカして体温が上昇しているのを実感できます。

 

さらに!
温冷水には自律神経を整えるという効果が期待できるんです。

 

体の不調や異変がある時は、体が酸性かアルカリ性のどちらかに大きく傾いています。

 

そんな時に、温冷水を実践することで体の酸性、アルカリ性のバランスを整えることができて、体内からアトピー改善の手助けができるんです。

 

熱湯よりもアトピー改善が期待できる温冷水のやり方を解説!

温冷水のやり方はかなり簡単です。

 

  1. 熱湯(40℃以上)を1分以上浴びる
  2. 冷水(できるだけ冷たい水)を1分以上浴びる
  3. 1と2を合計10分以上続ける

たったこれだけなんです!

 

熱湯と冷水を浴びるときは、湯船を使ってもシャワーを使ってもどちらでも構いません。

 

私のおすすめは、熱湯も冷水もシャワーで浴びる方法ですね。

 

もし、本気で温冷水を実践されるのであれば熱湯と冷水をそれぞれ1分間きっちりと浴びて、必ず10分間以上続けてください。

 

そして、一般的に家庭の水道水には水を消毒するために塩素が含まれています。

 

その塩素入りの水道水を使って温冷水を実践すると、水に含まれている塩素が皮膚にダメージを与えてしまいます。

 

なので、皮膚にできる限りダメージを与えないために、塩素除去できるシャワーヘッドの使用をおすすめします。

 

そうすることで、皮膚に与えるダメージを最小限に抑えることができて、温冷水の効果を邪魔することなくアトピー 改善を順調に進めることができるんです。

 

最後におさらいです!

温冷水まとめ
1. 熱湯を1分以上浴びる
2. 冷水を1分以上浴びる
3. 1と2を合計10分以上続ける
4. 塩素除去できるシャワーヘッドに換える 

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です