浅い眠りが年齢肌に与える悪影響ってあるの?

Pocket

 

 

1日に何度も酷い眠気を感じてませんか?

仕事中、絶対に寝たらいけないと

わかっているのにどうしても眠気に逆らえない…

 

特にデスクワークなど、ずっと同じ姿勢で

仕事をされている方にとって、仕事中の眠気は非常に厄介だと思います。

 

私もデスクワーク中に強い眠気に襲われたことが何度もあります(笑)

 

その時は、上司にバレてないかな?

怠慢だと思われてないかな?ってヒヤヒヤしながらも

頭をぐらぐらさせてウトウトしていました(笑)

 

もし、あなたも日中に何度も酷い眠気に

襲われているようでしたら、

それはあなたの体が発する危険シグナルなのかも知れません。

 

浅い睡眠がもたらす悪影響

 

あなたが日中に何度も眠気に襲われる原因は、

睡眠時に深い眠りができていないからです。

(そんな事わかってるよ!と言われそうですが詳しい原因は割愛します…)

 

他にも細かい原因はありますが、

結果的に深い眠りができていないことが

日中の眠気を誘っているのです。

 

では、この浅い眠りがあなたに与える悪影響はあるのでしょうか?

 

・・・もちろん悪影響はあると思います。

 

まず、眠気そのものと戦わないといけないので、

それ自体が相当なストレスになってしまいます。

 

そして、眠気に邪魔されて仕事に集中できなかったり、

友達との食事やお出かけも十分に楽しむことができなくなります。

 

更に、あなたの綺麗なお肌にも悪影響を与えてしまいます。

 

 

あなたのお肌に訪れる恐ろしい未来

睡眠が浅いことで、日中の生活だけでなく

あなたのお肌にも悪影響を与えてしまうんです。

 

この悪影響を大きく分けると次の3つが挙げられます。

 

1.肌荒れ

2.ニキビ

3.乾燥肌

 

このような悪影響をあなたのお肌に高確率で与えてしまいます。

 

眠りが浅いというだけで肌荒れが酷くなって

化粧のノリが悪くなり、ニキビができるせいで

見た目も美しさを失ってしまいます。

 

さらにニキビのせいでお肌には凹凸が出現し、

乾燥肌も合わさってザラザラとした触り心地の

悪い肌になってしまうのです。

 

中には、まだ若いし今は全然大丈夫だよー!

って方もいると思いますがそのような方も要注意です。

 

個人差はありますが、肌荒れ、ニキビ、乾燥肌などの悪影響は

すぐに現れる場合もありますが、数か月後・数年後に

一気に悪影響が出てくることもあります。

 

その時に後悔しないように、眠りを深くすることを

始めてみて下さい。

 

この記事で紹介する方法を使うだけで

あなたの眠りが見違えるほど深くなります

眠りを深くして肌トラブルを解決に導くには?

 

 

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です