産後の肌が微かな刺激にも敏感になって痒みが落ち着かない女性が取った行動とは

Pocket

化粧水でさえ恐怖に感じてしまう敏感肌

 

病院で赤ちゃんを産んで、
ようやく退院できたころに
新しくママになったひとりの女性に
異変が起こり始めました。

 

出産前には微塵も感じることが無かった異変です。

 

髪の毛が頬やおでこに当たっただけで、
皮膚がチクチクと刺激を感じてしまいます。

 

寝ていても座っていても痛みや痒みに襲われ、
落ち着いて眠ることすらできません。

 

今までに、敏感肌で悩んだことはなかったのに
出産してから”超”がつくほどの敏感肌になってしまったのです。

 

愛する子供が生まれて、
最高に幸せな時間が始まろうとしていたのに
超敏感肌になってしまったせいで
痛みや痒みに悩まされる日々が始まってしまいました。

 

 

産後に肌が敏感になった女性の悩み

その女性が敏感肌になって悩んだのは、
髪の毛が触れることで感じる
チクチクする痛みや痒みだけではありませんでした。

 

今まで使っていた化粧品も肌に合わなくなり、
出産前と同じスキンケアをしても
化粧水やクリームを付けただけで
肌が赤くヒリヒリして、痒みも発生してしまいます。

 

メイクに使う化粧下地や
ファンデーションも肌に合わなくなって
すっぴんでいることを強制させられました。

 

もしかしたら、子育てが終わっても
メイクができない肌のままで
一生すっぴんで過ごさないといけないかも…
という不安にも襲われたそうです。

 

しかも、敏感肌になった肌は
触り心地がザラザラしていて
とてもじゃないですが綺麗とは言えません。

 

ザラザラした肌では、
可愛い子供を顔の近くに寄せて
スキンシップを取るのでさえ躊躇してしまいます。

 

産後に肌が敏感になってしまった原因を検索すると・・・

なんで、敏感肌になったんだろう
もしかして、私だけ!?
他にも同じような人いないのかな?

と思い、ネットで検索してみました。

 

すると・・・

  • 産後にホルモンバランスが乱れたのが原因
  • 慢性化する睡眠不足が原因
  • スキンケアをする習慣がなくなってしまうのが原因

などが検索結果として表示されましたが、

「ホルモンバランスなんて言われてもわかんないし、
乱れたのを治すことなんてできない」

「睡眠不足を開所する方法があったら苦労してないよ…」

「自分のことに構ってる時間なんてあるわけないじゃん」

というように、
どれもしっくりくるものがありません。

 

結局どれだけネットで検索しても
その女性が満足するような結果は
得られませんでした。

 

もしかしたら、この女性の肌が
敏感肌になってしまったのは
次の記事に書かれていることが原因だったかも知れません。

その時、この記事に巡り合えていれば・・・

産後の肌荒れはいつまで続くの?誰も教えてくれなかった原因とは?

2018.01.08

 

せめて産後の敏感肌のスキンケアに使える化粧品さえわっていれば

化粧水を付けただけでも
肌がヒリヒリして痛みを感じる女性が、
本当に安心して使える化粧品は正直少ないでしょう。

 

しかし、世の中には無数の化粧品で溢れています。

 

その中から、
自分に合う化粧品を選び抜けるかどうかが、
敏感肌を治せるか治せないかの
分かれ目になることは言うまでもありません。

 

しかし、今まで敏感肌じゃなかった人が
急に”超”が付くほどの敏感肌になって、
産後の忙しい時期に自分に合う化粧品を
見つけ出すのは至難の業だと思います。

 

そんな女性に読んで欲しいのが、こちらの記事です。

産後に発生する肌荒れのスキンケアに有効なオールインワンの使い方とは?

2018.01.08

この記事で紹介している
オールインワン化粧品は
敏感肌・乾燥肌に特化した化粧品です。

 

赤ちゃんのような超繊細な肌にも
使えるように研究開発されたオールインワン化粧品です。

 

もし女性がその化粧品の存在を知り、
毎日使い続けていたとすれば、
彼女の運命は少しでも良い方向に転がっていたかも知れません。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です